住宅ローン審査に
通らなかった時

住宅ローンの審査に通らない理由

住宅を購入する時に必要なのが住宅ローンですね。 でも住宅ローンを組もうと思ったら、まずは審査に通らなきゃいけませんよね。 住宅ローンの審査は、職種、年収、勤続年数、借入金額、借金の有無などで問題項目がないかどうか、条件に当てはまっているかどうかをチェックされるんでしょうね。 住宅ローンは借入額が膨大だから、審査もそれだけ厳しくなってしまうんでしょう。

住宅ローン通らないという声もよく聞くけど、審査を受ける前に、キャッシングしているなら全て支払いを完了するとか、審査に通るための事前チェックをする必要がありますよね。 ただ、個人事業主や契約社員の場合には審査が厳しいようだし、住宅ローン通らないこともよくあるみたいですね。

やはり、貸す側としては収入の安定性を重視しているんでしょうね。 ということは、クビを切られる心配のない公務員なんかは、住宅ローンの審査に通りやすいってことなんだろうなあ。 住宅ローン通らない場合には、借入額を替えるってことも大事なんじゃないかな。 頭金をたくさん貯めて、借入額をなるべく少なくすれば、まだ審査には通りやすいんじゃないでしょうか。 ただ、頭金をたくさん貯めるっていうのも大変なことですけどね。 住宅ローンの審査に通らないからといって、銀行を変えて何度も審査を受けると、余計に通りにくくなっちゃうようだから、住宅ローンの審査を受ける時には、前もって情報を仕入れて、少しでも通りやすいところに申し込んだ方がベターでしょうね。そういうところって金利は高くなるのかもしれないなあ。

でも、何を優先するかってことですよね。 家を買うことを優先するなら、金利が高くても住宅ローンの審査に通るところを選ぶしかないし・・。 家の購入をそんなに急がないなら、貯蓄に専念して、頭金が十分に貯まってから住宅ローンに申し込めばいいし・・。 一番ムダのない優先順位は貯蓄ですが、それもなかなか難しいものなんですよね。 普通に生活していたらムダに使うことも増えてくるし、あの時、家を買ってたら、住宅ローンの返済だって少しは終わっていたのに・・なんて悔やまれるかもしれませんから。

だからといって現実に家を購入していたら、ムリして買わない方が良かったかも・・なんて思うかもしれないし・・。 住宅のような大きな買物は、購入するタイミングってすごく難しいんでしょうね。 低金利時代とか、そういう世の中の動きに合わせて思いきらないと、なかなか踏み切れないものなのかも。

 

住宅ローンの審査に通らない人におすすめのサイト

住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】
住宅ローン審査基準をしっかりと知っておけば審査に通らないとお悩みの方にもチャンスが生まれます!住宅ローンの審査基準が甘い銀行や審査に通るコツを知りたい方必見のサイトです。
住宅ローンが通らないとお悩みの方は審査基準が甘い銀行を探してみるのもひとつの解決策ではないでしょうか。住宅ローン審査基準を比較しておすすめの銀行を探すことができるサイトです。
xn--hekm0a443zu0mira498d.skr.jp/

Copyright (C) 住宅ローンに通らないということ All Rights Reserved